クローン病の飲み薬

クローン病の保険適用薬

薬剤名 メサラジン サラゾスル
ファピリジン
副腎皮質
ステロイド
免疫調節薬
作 用 炎症細胞から放出される活性酸素を消去し、ロイコトリエンを合成することで炎症を抑えます。有効成分である5-アミノサリチル酸(5-ASA)がエチルセルロースでコーティングされており、小腸に達すると有効成分が放出されます。 炎症細胞から放出される活性酸素を消去し、ロイコトリエンを合成することで炎症を抑えます。有効成分である5-アミノサリチル酸(5-ASA)と、スルファピリジンからできている薬です。大腸に到達してから分解され、効果を現します。 本来、体内で分泌されるホルモンを合成した薬で、強力な炎症抑制作用と免疫反応抑制作用があります。効果が高い反面、不適切な使用をすると大きな副作用が現れるといわれています。 体内の有機化合物の生合成に介入して、リンパ球の過剰な免疫反応を抑制する薬です。
適 応 クローン病の寛解導入、寛解維持に使われます。 クローン病の寛解導入、寛解維持に使われます。 メサラジンやサラゾスルファピリジンで症状が治まらない場合の、寛解導入に使われます。 クローン病では、主にステロイド依存性症例の寛解維持のために使用されます。
副作用 比較的安全な薬とされていますが、人によって下痢・吐き気・発疹などがあります。
比較的安全な薬とされていますが、人によって下痢・吐き気・発疹・食欲不振・日光過敏症・尿の着色などがあります。

短期使用では、不眠・下痢・吐き気など、長期使用ではムーンフェイス(満月様顔貌)、生理不順、骨粗しょう症、糖尿病などがあります。 まれに骨髄抑制に伴う血液障害や肝障害などが見られるため、定期的な血液検査を受けることが必要です。他に、各種の感染症や下痢・吐き気・食欲不振などがあります。