小腸用カプセル内視鏡

  • 小腸用カプセル内視鏡は、小腸疾患診断用のカプセル型の内視鏡(医療機器)です。
  • 今までは、原因不明の消化管出血だけが保険適用で、狭窄が疑われるようなクローン病患者さんには使うことができませんでした。
  • しかしながら、2012年7月1日より適応が拡大され、クローン病などの小腸疾患患者さん、またはその疑いがある患者さんにも使用が可能となりました。
  • クローン病患者さんの場合は、事前に消化管開通性確認用カプセル(パテンシーカプセル)を使って、カプセル内視鏡が消化管を問題なく通過できるかどうかの確認を行う必要があります。カプセル内視鏡と同じサイズのパテンシーカプセルは、嚥下(えんげ) 後30時間以降に溶け始める崩壊性のカプセルで、このパテンシーカプセルで消化管の開通性を評価します。
  • このサイトではクローン病の基本的なことを学びながら、クローン病に対する新しい検査法である小腸用カプセル内視鏡検査について説明していきます。